Vol.23 春眠暁を覚えず 2004/4/20 bySUMO WRESTLER

そんな言葉を学校でならって久しいが、過酷な労働を強いられる社会人7年目 の体には嫌がおうにも「暁」を覚えてもらわねばならず、いそいそとベットから 這い出る日が続く。

なんとなく顔を洗い、緩慢な動作でカーテンを開ける。
窓から見える皇居の桜が咲き誇っている。

いつものガラス越しの景色は、皇居の土手に映える芝生の緑一色なのに、 ある朝から突然桜色一色に変わっている。

そのこと自体にびっくりするより、いくら今年の桜が一挙に咲いたからと言って も変わる気配くらいはあっただろうに。

むしろ、日々、それに気づく暇もないくらい毎朝にゆとりがないことに、なんとなく 空寒さを覚える。

さて、1年ぶりのコラムである。

先日、偶然青山で安藤氏に会い、その夜、久しぶりにSUMOのホームページを 拝見したが、昔の自分のコラムや、他人のコラムを改めて読むと、結構面白く コラムへの熱が最熱してしまった。

今となっては、存在するのか、しないのか分からない、読者の皆様には毎度 気まぐれで恐縮している。何卒ご容赦頂き、もしお時間があるのであればご 一読頂きたい。

この1年。イラク戦争は泥沼化し、世界中でテロが頻発している。 その反面、株価はジリジリと上昇し、我らが日本も除々にではあるが、良い 風向きに変わってきているようだ。

経済の動向とは全く関係ないが、私の身にも、それなりに変化があった。 それは「切れ痔が慢性化した」ことである。

いつもの白いトイレットペーパーに描かれるのは茶色い一本線なのに、 ある朝から突然赤一本に変わっている。

そのこと自体にびっくりするより、いくら肛門の皮膚が一挙に切れたから と言っても切れる気配くらいはあっただろうに。

むしろ、日々、それに気づく暇もないくらい毎朝にゆとりがないことに、 なんとなく空寒さを覚える。

さて、薬局でも行くか。