Vol.2 時代に踊りベットで踊れず(1) 2000/12/22 by コテツ

懲りもせずようこそSUMOへ、ぷぷぷ。
物理学4級、宮崎学2級のコテツです。
先週はお忙しい中コラムをお書きいただきました。
何度も「めんどくせーなぁー、やめよっかな」と思ったのですが、
やっぱり書いてよかったです。友達との約束を守れるとLv.19気持ちがイイ。
イケっちゃイケル値です、おそらく。
と言うわけでクリスマスです。
本日は「おいらの高校時代」よりコテツ(18サイ)のクリスマスをお送りします。

おれらの高校のころと言えばバブルバブルな物質至上主義大隆盛の時代。
きっと地球は沈むなこりゃと本気で思い始めたころでもあり、
だがしかし東京ラブストーリーなどのマスコミパワーに屈し、
おやじからカネをユスッテ一撃こんなクリスマス。

ねぇちゃんからもらった車RX-7、なぜか微妙に改造車、運転怖いがスピード出ちゃう。
必須だったんです、その頃。高3ともなれば車の一台や二台。
だからね、つい・・・買っちゃいました・・・バラの花束。
すごいことやってますよ、ジッサイ。
あどけない顔してカブトムシみたいな肉体して紺ブレ着て女連れて東急ベイとか行ってますからね、
バラの花束持って。
見るヤツが見たらキリステられたと思います。
しかも車から出る前に、おれがジュース一人で全部飲んじゃってケンカしたもんだからキマズイキマズイ。
コーユーのはいくつになってもナオリません。
人のブンを残しておくっつー思いやりが芽生えた頃には、すでに食い尽くし飲み尽くしてますね、今でも。

っつーことでHOTELにイン、おまえにインってなダンドリだったんだけど、現場を迎えてなんじゃこりゃあぁぁ!!!
「・・・おっちゃん・・・おれもうタテネェヨ・・・おっちゃん、おりゃあ、おりゃあ、真っ白な灰になっちまったぜ・・・」
ジョォォォォォオオー!!!

みなさん、HappyChristmas